2017年04月23日

グリッシーニ


最近のお気に入り、グリッシーニ作り。

最初は、ピザの残り生地で、なんとなく作ってみたら、これが美味しくて!

子どももポリポリとよく食べてくれたので

またいろいろアレンジして作ってみようと思ったのです。

生地の材料はシンプルで、強力粉、オリーブ油、塩、砂糖、水、天然酵母(ドライイーストでも)

さらに、2次発酵いらず。

シンプルに生地にゴマを入れるだけでもとても美味しいのですが

キヌア&セサミ、ヘンプシード、バジル&チーズを混ぜてみました♪

_20170419_155535.JPG

キヌアは、鉄やマグネシウム、ビタミンB1が豊富で

プチプチとした食感♪

ヘンプシードは、タンパク質やマグネシウム、亜鉛、ɤリノレン酸(オメガ3)が豊富で

松の実に似た香りと味♪

流行りのスーパーフードです。

美味しく栄養もたっぷり、嬉しいおやつになりました☆






2017年04月16日

衣替え


ようやく春らしい暖かさ。

紫外線が強いだろうな〜と思いながらも

外で過ごす時間が気持ちいいです。


天気のいい日には、冬物もたくさん洗濯。

その後は、手作りの防虫サシェと一緒にタンスへ。

今回の材料は、宮崎県のクスノキチップ。

それに、ドライにしておいたラベンダーやタイムのハーブ

虫を寄せつけない香りの精油。

  _20170416_165224.JPG

精油は、パチュリー、シダーウッド、パイン、ローズウッド、ラベンダーなどの中から好みでブレンド。

とってもいい香りのクスノキチップに

さらにアロマの香りで、贅沢な防虫サシェの出来上がりです♪

やっぱりナチュラルな香りがいいです。

子どもの衣類にも安心して使えます。

香りが薄くなったら、精油をまた足して

何度も使えるのもいいところ◎

クスノキチップがなくても、コットンに精油を垂らして

お茶パックなどに入れると簡単防虫サシェになります。

精油を使ったサシェ、オススメです。





2017年04月06日


なかなか暖かくなってくれず

ポカポカ陽気が恋しい日々。

それでも、ちょっとした晴れの間に桜を。

  DSC_2174.JPG



庭のローズマリーは、たくさん花を咲かせてくれています。

  _20170330_191605.JPG

剪定をしているので、草丈は低いですが

幹は太くなってきています。

  _20170406_173414.JPG

砂利のところに育っている、なんとも逞しいハーブ。

精油は「ケモタイプ」といって

採られた成分によって、分類されています。

_20160326_141401.JPG

ローズマリー・カンファー
ローズマリー・ベルベノン
ローズマリー・シネオール

カンファーは、脳の活性化、肩こりなど筋肉の痛みのケアに
(*高濃度でのご使用、妊娠中、高血圧の方は注意して下さい)

ベルベノンは、肝臓強化、スキンケア、ヘアケアに

シネオールは、呼吸器系、消化器系の不調にオススメです。


なんだか、しゃっきりしないこの季節に

ローズマリーの爽快な香りが心地いです♪



2017年03月23日

レモネード


子供の頃から大好きなレモン。

レモンイエロー色も酸っぱい味も好きで

レモンの果実を食べたり、かき氷のシロップは必ずレモン(レモン味じゃないけど笑)。

高校生の時に行った喫茶店で、レモンジュースを頼んだら

リアルレモン果汁が出てきた時は度肝を抜かれましたが
(ロックグラスに半分くらいの量で、細いストローとガムシロップ付き)

酸っぱさと嬉しさで、よく覚えています。


庭のレモンの木は、採ってしまうのに忍びないほど小さいのがひとつ。

  _20170323_150842.JPG

いつもご近所さんに無農薬のをたくさん頂いています。

いろいろな柑橘がお裾分けで頂ける愛媛、よかったぁ♪

そのレモンをたくさん使ってレモネードシロップを作ってみました。

輪切りにしたレモンと、果実と種をフードプロセッサーにかけて細かくしたのを一緒に一晩浸けました。

他の材料は…
砂糖(種子島洗糖)、蜂蜜(秋田のマロニエ花蜜)、ハーブ(タイム、ミント)

  IMG_20170322_183831_994.jpg

これが、と〜っても美味しいシロップになったのです!

レモン味が濃厚!

甘さもちょうどいい。

ホットでも、アイスでも、ソーダ割りでも美味しくて

幸せで元気になります☆

作るのが簡単で

まだまだレモンがたくさんあるので、また絶対作ります♪






2017年03月18日

ミモザ


庭の牡丹の芽。

DSC_2134.JPG

色、かたち、とても美しいです。

いろいろな植物が芽吹いていますが、今日は寒い…。

サロンに飾ったミモザが寒さを和らげてくれています。

_20170315_082732.JPG

ミモザ精油

オーストラリア原産で、別名「房アカシア」と言われているミモザ。

ミモザは、たくさんの種類がありますが

精油が抽出されるのは、マメ科アカシア属、学名 Acacia dealbata です。

アブソリュートで少量しか採れないので、貴重な精油のひとつになります。

主に、香りを楽しむために使われる精油で

ふわふわで可愛らしい花の姿通り

上品で甘く、少しグリーンさも感じて気分を落ち着かせてくれる香り。

香りの持続力が長いので、フレグランス作りにも向いています。

柑橘系や、フローラル、ハーブ系の香りとの相性が良さそうです。


ミモザは、花の姿も香りも、まだ寒い日の心を癒してくれます♪

_20170315_082621.JPG






2017年02月19日

心と体を浄化


雲一つない天気。

日向ぼっこをしていた時、ふと目線の先を追うと

クリスマスローズが咲いていました。

_20170219_132627.JPG

日差しが気持ちいいです。


先日遊びに行ったマルシェで、ジュニパーのプリザーブドフラワーを見つけました。

_20170217_145956.JPG

いい香りがぷんぷん漂っています。

ジュニパーは、ヒノキ科の植物。
(和名はセイヨウネズ(西洋杜松))

人が最初に利用した植物のひとつと言われています。

魔除け・宗教儀式で焚かれたり、伝染病の予防にも使われたりした歴史があります。

ジュニパーの実は、松脂のような苦みのある香気があり

お酒のジンの香り付けに使われていることで有名です。


アロマテラピーでも、ジュニパー精油は、なくてはならない存在。

_20170217_145410.JPG

実から採られる「ジュニパーベリー精油」と

実&葉も含む小枝から採られる「ジュニパーブランチ精油」があります。

一般的には、アロマテラピーでは「ジュニパーベリー精油」を使用します。

二つの作用は似ていますが、ブランチは森のような香りの中にフレッシュさも感じます◎


「デトックス」「浄化」と言うと、まず最初に思い浮かぶ精油がジュニパー。

寒冷地に育つこの植物は、身体を温めてくれる作用を持っています。

さらに、利尿・発汗・老廃物を出すなどデトックスに優れた作用も期待できます。

それらの不調が改善され、慢性的な肩こり・腰痛、筋肉痛や関節炎などの痛みのケアにも使えますし

セルライトや肥満予防にもオススメです☆

そのほか、風邪などの感染症対策や
(+ローズマリー精油で空気をきれいに)

脂性肌・にきび・毛穴の詰まりなどのスキンケアにも利用できるなど

かなりの万能精油。


森林の中にいるようなウッディで甘み、爽やかさを感じる香りは

負の感情を浄化して心を落ち着かせ、気力や前向きさ、集中力を与えてくれます。

甘い香りの精油をスッキリとさせてくれるので

フローラル・柑橘系の精油と相性もいいです。


アロマテラピーを学び始めた当時から、私の中の隅にいつもいて

なんとなく、スッと冷静に見つめられ、ピリッと心をきれいにしてくれている存在。

精油箱でも、密かに皆をまとめて引き締めているような感じがしています。

なくてはならないジュニパー精油。

_20170217_145410.JPG



*腎臓疾患がある方、妊婦さんは使用を避けましょう。
*長期間(2週間以上)の連続使用はお控えください。



2017年02月15日

キャンペーン


AEAJ((公社)日本アロマ環境協会)が

アロマテラピーの魅力とその役立て方を学ぶ機会として

設立した架空の大学が「アロマ女子大」


2月15日(水)〜3月22日(水)

全国のアロマテラピーショップ、サロン、スクールで

初心者向けの講座やお得なアロマ女子大キャンペーンが実施されています。


BAIKAでは、期間中に

ワークショップ

「いつでもどこでも好きな香りを♪
 ロールオンアロマ作り 
 (ボディ用フレグランスオイル)」


を実施しています。<参加費は¥500です>

ロールオンアロマとは

植物油に好みの精油をブレンドしたものをクルクルと手首に塗って香りを楽しむ

ナチュラルなフレグランスです。

_20170215_235753.JPG

気分転換やリラックス、シチュエーションに合った香りをブレンドして頂けます。

ハーブもいろいろとご用意しておりますので

見た目も美しいオリジナル香水を楽しく作れます♪

_20170215_213304.JPG

ワークショップ体験の皆様には、AEAJのダイアリーもプレゼント!

_20170215_175144.JPG

ご来店の際に、ワークショップもしたい!とお申し出て下さっても大丈夫ですし

ワークショップご参加のみのご来店も大歓迎です☆

ぜひ、ロールオンアロマ作りをご体験下さい(^^)



2017年02月05日

愛媛の精油


日中、日差しの下では暖かく過ごせたこの頃。

  _20170204_173138.JPG

畑に大好きなイヌフグリの花を見つけました。

IMG_20170204_174509_597.jpg

いい匂い〜と言っていますが

イヌフグリは香りがないです…(笑)

散歩に行くにも、服はコレ、靴はコレ

あーだーこーだと言ってややこしいです(笑)



サロンには、媛香蔵の精油がいろいろと並びました。

_20170204_173742.JPG

愛媛の柑橘、紅まどんな、みかん、甘夏、伊予柑、レモン、柚子、ライム、青みかん。

馴染みの香りで、リフレッシュ♪

元気になります☆





2017年02月03日

花粉症対策


寒暖の差が激しいこの冬。

立春の今日は、気持ちがいい陽気です。

夢の中では、桜の花が満開になっていて

お花見に行かなくちゃ!とワクワクしていましたが

それには、まだまだ気が早かったです。


暖かくなると、心配になってくるのが花粉症。

今月上旬からスギ花粉の飛散が始まり、3月上旬〜中旬にピークを迎えるということです。

昨夏は、四国でも気温が高く日照時間も長かったため

花粉の飛散量が、昨年の2.6倍!

こんな話をしているだけで、ムズムズしてきそうです…。

私は、以前はひどい花粉症でしたが、すっかり治り

今は花粉に悩まされることはないのですが

あの症状を思い出しただけでも、辛い気分になります。


そんな花粉症の不快感もアロマテラピーでケアを。

_20170202_153728.JPG

呼吸器系の不調を、スーッとした香りで改善し

炎症を抑えて、免疫を高めるとされる精油。

ユーカリ、ティートリー、ペパーミント、マヌカなど。


ティッシュやハンカチに数滴、マスクの外側に1滴垂らして香ったり(就寝時にも◎)

お湯を入れたマグカップに数滴垂らして、部屋に香りを漂わせたり

積極的に精油成分を取り入れます。


_20170202_153513.JPG

皮膚のかゆみや炎症のトラブルには

ジャーマンカモミール、ラベンダー精油
月見草(イブニングプリムローズ)オイル、カレンデュラオイルなど。

精油を植物油で希釈したものを塗布します。
(10mlの植物油に精油1滴の割合)


嬉しい春だけど、花粉症の人にとっては辛く長い春。

早めの対策がオススメです。




2017年01月25日

アロマブレンドデザイナー


AEAJ((公社)日本アロマ環境協会)が認定する「専科」という新資格のひとつに

「アロマブレンドデザイナー」があります。

  _20170125_170806.JPG

アロマブレンドデザイナーとは…

精油を組み合わせてブレンドすることで、さまざまなシーンや目的に合ったオリジナルの香りを創作することができる能力を認定する資格です。
ブレンドの知識や技術をアロマテラピーを行う際に活用することや、創作した香りを楽しみ、その魅力を伝え
るのに適しています。
(公社)日本アロマ環境協会


ある程度、精油の基礎が身についたら

さらに、そのひとつひとつの香りを使って、ブレンドをする楽しみがあります。

イメージから香りを作ったり、ブレンドの専門的なスキルを磨いたり

香りのブレンドは、より深いアロマテラピーの世界を味わうことができます。


資格を取得するためには、以下の条件があります。
・アロマテラピー検定1級に合格する
・AEAJに入会する
・アロマテラピーアドバイザー資格を取得する
・アロマブレンドデザイナー標準カリキュラムを受講する


となると、ハードルが高い…と思われそうですが

資格を取る目的ではなくても

いつもの香りをもっとアレンジしたい方

自分だけのオリジナルの香りを作ってみたい方

芳香浴やトリートメントなど目的に合わせた香りをブレンドしたい方

より豊かなアロマテラピーを体験したい方…

テキストなどを用いて、知識を学ばれてみてはいかがでしょうか♪


次々と登場してくる新しい香りを楽しみながら

私も勉強の日々です♪



2017年01月16日

伊予柑


みかんが美味しい季節。

最近はいろいろな品種のみかんがあって、味比べが楽しいです。

アロマテラピーの世界にもその楽しみが♪

  _20170115_185336.JPG

伊予柑の精油

伊予柑の果皮からマイクロ波減圧蒸留法で抽出されています。

媛香蔵さんは愛媛県のいろいろな柑橘から
(紅まどんな、青みかん、河内晩柑、レモンなど)
精油を作られています。

伊予柑は瑞々しく甘く、とても美味しい柑橘です。

精油になると、その甘さフレッシュさが際立って、なんともいい香り。

一瞬で心が晴れ晴れとするのがわかります。

その香りに虜になりますが

成分的にも、細胞の再生を促進、鬱滞を除去、抗炎症、抗感染などが期待されます。

トリートメントオイルに用いたり

芳香浴(ルームスプレーなども◎)、入浴、掃除など様々な生活場面で活用できます。

子どもの頃から馴染みがある愛媛のモノ

ということもあってお気に入りの精油ですが

愛媛の人ではなくてもきっと大好きになる香り☆


伊予柑の学名が「Citrus iyo」というのも

なんだか嬉しいです♪





2017年01月09日

マヌカ


寒い時期も大活躍のアロマテラピー。

風邪が流行る季節には、感染症予防が期待できる精油を。

特別に準備しなくても

実は抗ウィルス成分を含んだ精油はたくさんあります。

オレンジ、イランイラン、クラリセージ、ゼラニウム、ジュニパーベリー、ティートリー、タイム、ネロリ、ペパーミント、ベルがモットなど

中でも、注目されているのが「マヌカ」精油。

  _20161228_152432.JPG

マヌカの和名は、御柳梅(ギョリュウバイ)。

ニュージーランドに広く自生しています。

花の蜜「マヌカハニー」は抗菌性のある蜂蜜として有名なので、聞いたことがある人も多いと思います。

FLJ118_1.jpg
Florihana

同じフトモモ科のティートリーとよく間違えられ

「ニュージーランドのティートリー」とも呼ばれますが

植物の属、香りが全く異なります。

精油は、葉から抽出され

ティートリーに比べると、20〜30倍バクテリアに強く

5〜10倍真菌に効果的と言われています。
甘く穏やかなハーブ調の香りは、心をスッと落ち着かせて

奥深い癒しを感じるとてもいい香り♪

強い鎮痛作用も期待でき、筋肉痛、腰痛、関節痛のケアに使用できたり

呼吸を楽にさせてくれますが

ここはやはり抗菌、抗真菌、抗ウィルスなどの働きを利用して

風邪予防スプレーを作ってみました。

_20170105_184846.JPG

他にも、感染症対策に適したユーカリ、レモン、ラベンダー・ワイルド精油をブレンド。

人がたくさん集まる場所に出かける時などの必需品となっています。

いい香り、というのも嬉しい♪

いろいろな精油を使ってみながら

この季節も調子を整えて乗り切って下さい☆

DSC_1813.JPG









2016年12月20日

潤うオイル


小春日和。

_20161220_001037.JPG

庭で過ごす時間が心地いいです。

大好きな水仙も咲き始めました。


_20161220_001125.JPG

こどもは、きれい〜、におい〜と言って、全力で感じています。

空を見上げて、きれい〜

お皿の底を覗いて、きれい〜笑

いつもの時間が楽しそうです。



季節のコース
植物のチカラでうるおうフェイシャルコース

使用しているヘンプシードオイルは

_20161220_000645.JPG

ビタミンA、C、E、リノール酸など脂肪酸が豊富に含まれています。

お肌をダメージから守り、乾燥、疲れた肌の再生を助けてくれます。

とろ〜りとした質感のオイルは、とーっても気持ちいいのです。

一度触れると、うっとり。。。です♪

そのとろり感が、肌を潤わせてハリを与え、つや肌作りのお手伝いをしてくれます☆


ぜひ、このヘンプシードオイルを体験してみてください♪




2016年12月14日

クリスマス


クリスマスプレゼントができました☆

ハンドクリームです♪

  IMG_20161213_142830.jpg

材料は
ミツロウ、シアバター、ホホバオイル、キャロットオイル
レモンマートル精油、プチグレン精油、フランキンセンス精油です。

材料を贅沢に使って

使い心地、香りも満足の出来上がり♪

数量に限りがありますが、ご来店くださった皆様への感謝の気持ちで

プレゼントさせて頂きます。

素敵なクリスマスを☆






2016年11月29日

ドライ


庭で育った植物からいくつか選んで

ドライフラワーにしてみました。

IMG_20161128_205241.jpg

エルダーフラワー、マジョラム、オレガノ、レモンマートル、フェンネル、アジサイなど。

ドライになっても、ハーブの香りがぷわんぷわんとしています。

色や形が思うようにならなかったり、想像を越えて美しかったり。

これらを使って、また何か新しいものへ繋げていこうと考えています♪

視覚をも満たしてくれる植物たち。



2016年11月21日

リース


庭のユーカリを剪定しました。

枯れていた葉も多かったですが、新芽も。

_20161120_210444.JPG

かわいらしい姿です。

ユーカリと、他にも庭のハーブをいろいろ採ってきて

クリスマスのムードを少しでも出そうと

リースを作ることにしました。

_20161120_092808.JPG

ドライになってもきれいなハーブを選びました。

ラベンダー、ローズマリー、セージ、レモンマリーゴールド、ラバンジンなど。


土台は、ローズマリーを使ったので、形がふにゃっとしています。

_20161121_153736.JPG

リース作り、なかなか難しいです。

もうひとつは、キャンドルと一緒に。

_20161120_211647.JPG


クリスマスまで1ヶ月ほど。

今年も駆け足で過ぎていきました。

2016年がいい年だったと思えるよう

残りの日々も楽しく過ごします♪





2016年11月14日


ヨーロッパでは、数百年も前から花を食べる文化があるそうです。

「エディブルフラワー」と言われ、彩り豊かな花が使われます。

日本でもその文化があって、ふきのとう、菜の花、菊の花などが楽しまれています。

我が家の庭でも。

_20161112_170338.JPG

この季節、ハーブたちに圧倒されながらも

隅っこで「阿房宮(あぼうきゅう)」という菊が咲いています。

_20161112_212252.JPG

特有の香りがあり、和のハーブとも言えます。

咲いているのを採るのはもったいないくらい、黄色の花がきれいです。

_20161112_170939.JPG

花びらを取って、酢を入れたお湯でさっと茹でると

さらに鮮やかな色に。

大根とご近所さんに頂いたすだちで、なますになりました。

_20161114_095328.JPG

見た目も華やかで、香りも味わい深いですが、食感も楽しめます。

食べる日本のハーブで季節を感じます。








2016年11月05日

収穫


時期がかなり遅くなってしまいましたが

トゥルシーとハイビスカスローゼルを収穫。

トゥルシーの香りは、甘く爽やかで大好きです。

採って束ねてしていると、体にも香りが移って

なんとも幸せ♪

ドライにする前に、フレッシュの味わいを。

_20161105_220216.JPG

大好きなトゥルシーに鮮やかで爽やかなハイビスカス。

そして、一年中楽しめるように、ドライに。

_20161105_221502.JPG

_20161105_220317.JPG


となりでレモングラスも早く収穫して下さい、と

チラチラ見られている気分でした。

DSC_1374.JPG

ありがたい植物の恵み。




2016年10月24日

アロマの日


空気が少しひんやりでしたが

今日は気持ちがいい秋晴れでした。

_20161024_231954.JPG


11月3日はアロマの日

今年も(公社)日本アロマ環境協会(AEAJ)では、イベントを開催したり(東京、大阪ですが…)

特設サイトで、アロマに関する情報を楽しく見ることができます。


毎年楽しみにして下さっている方も多いのですが

今年はBAIKAでの、アロマの日キャンペーンは実施せず

(AEAJによるアロマの日のイベント内容が変更になっております)

代わりに、2017年2〜3月に実施される

アロマテラピー検定特別企画の際に

アロマクラフト作りができるキャンペーンを行う予定です。

この時期のアロマウィークを楽しみにされていた方には、大変申し訳ございませんが

しばらくお待ち下さいませ。

その頃には、おかげさまでBAIKA7周年にもなりますし

いろいろと考えています♪♪♪

楽しみにしていて下さい〜



2016年10月20日

水蒸気蒸留


ラベンダーの水蒸気蒸留をしてみました。

_20161017_121209.JPG

材料のハーブは、庭で取れたもの。

IMG_20161019_000904.jpg

しかし、ラベンダーだけでは量が足りず

ラバンジンを混ぜて。

フレッシュより、ドライの方が香りが良いと聞いたことがあるので

初夏に採ってあったものを。

_20161020_234032.JPG

蒸留中からもうパワフルな香りが空気を満たしてくれました。

その後も、香りが濃厚に残って、気分も満たされた時間。

採れたウォーターと精油をどう使おうか考え中です♪