2013年09月23日

身体を温める

腹巻が心地いいこの数日。

少し涼しくなってきて

夏の間は控えていた玄米も、また美味しく感じ始める季節。


食べ物や身体、宇宙など、物事は、陰と陽でできています。

風邪、頭痛、貧血、胃腸の不調は、身体が陰性になっている状態。

そういう時や、冷え症などの陰に偏った人は陽性の食べ物を摂って

身体を温めて、陰陽のバランスを整えるという考えがあります。


玄米は極陽性の食べ物。

夏は陽性なので、暑い時期の玄米は身体に負担になります。


でも、そろそろ身体を温める食べ物を。


そして、玄米のように陽性の強い飲み物が

梅醤番茶。

その名の通り、梅干しと醤油、番茶が入った飲み物です。


イギリスに滞在していた時に出会った、あるベルギー人の女性が

「私、風邪をひいたら、番茶に梅干しを入れて飲むのよ」

と、言っていました。

8年ほど前の話。

日本人より、日本の食文化を健康に役立てていること

ベルギーでも食材が手に入ることに

とてもビックリしました。



「でも、日本のチョコレートは食べれない、あれはチョコレートじゃないわ!」

と、チョコレートは、やはりベルギーチョコじゃないといけないようでした(笑)



風邪をひいたとき、胃腸の調子が悪い時、二日酔い、冷え

いろいろな体調不良を改善してくれる特別な飲み物。

梅醤番茶。

作り方は

湯呑に、種を取り除いた梅干し(中1個)を入れて砕く
醤油(大さじ1)を入れて練る
生姜のしぼり汁(2,3滴)を入れて
熱い番茶(三年番茶など)を注いで混ぜて、出来上がり。

簡単。

でも、私が常備しているのはこれ。

IMG_20130921_162824.jpg

今見ると、パッケージの梅のイラストが

BAIKAのロゴに似ていて嬉しい〜♪


お湯を注ぐだけのさらに簡単、梅醤番茶。

いろいろな料理の味付けなどにも使えて、便利。


これを初めて飲んだ時の感動を覚えています。

なんとも、染み入る美味しさなんです。

あ〜、日本人でよかったとじわ〜んとする味。

あ、ベルギー人の心もじわんとさせる味。

世界中の人を健康にする梅醤番茶。

おすすめです。



そして、季節のものを美味しく頂いて

自然とともに心も身体も楽しく健やかに。



posted by BAIKA at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76396709

この記事へのトラックバック