2013年08月10日

熱帯夜

寝苦しい夜が続きます…。

夜中に何度も目が覚めて

朝もスッキリ起きられない。

はぁ〜、なんて思っていましたが

こんな時こそ、アロマテラピーです☆


寝る前に、枕にシュシュッといい香りを漂わせるアロマスプレーを作りました。

メインの精油は

リツェアクベバ

IMG_20130810_183145.jpg

聞き慣れなし、うまく言えなさそうな植物の名前ですが

クスノキ科の果実で、チャイニーズペッパー、メイチャンなどと呼ばれています。

和名は、アオモジ。

アロマテラピーの分野でも、メジャーな香りというわけではありませんが

これが、とってもいい香りなんです♪

スパイシーなレモンのような

私はとても懐かしい感じがして、何度もフタを開けて香ってしまうんです。

子供の頃に持っていた、いい香りがする文房具を思い出します。


以前、数ある精油の中から、この香りが一番好きと言っていた方もいました。

虜になる香り。


リツェアクベバは

疲れ切った体を癒し、生気をよみがえらせてくれます。

そして、呼吸器系の不調を緩和し、消化を促進してくれるので

夏の疲れにピッタリです。



この香りに合う、そしてぐっすり眠れそうな香りをイメージして

選んだ精油が、ベルガモット、ベチバーです。

IMG_20130810_180718.jpg

ベルガモットは、アールグレイティーの香りづけに使われている柑橘系の植物で

馴染みがある香りです。

「天然の抗うつ剤」といわれていますが

緊張や不安を包み込むように落ち着かせてくれます。

さわやかで、とてもリラックスできるいい香り。


ベチバーはイネ科の根から採れる精油。

「静寂の精油」と呼ばれています。

土っぽく、スモーキーで、ずっしりとした香り。

これも、ストレスを和らげて心を落ち着かせてくれます。


ぐっすり眠れる香りをイメージして選んだ精油が

どちらも不眠にぴったり!

やはり、感覚・本能ってすごいです。


3つの精油をブレンドすると

(分量:精製水50ml、無水エタノール5ml、精油5滴(リツェアクベバ2滴、ベルガモット2滴、ベチバー1滴)
作り方:無水エタノールと精油を混ぜてから、精製水を注ぎ、よく振って混ぜる)

心身の緊張を和らげてくれる、しっとりと落ち着く香りになりました。

入眠時の呼吸が深くなって

いつの間にか、ぐっすり寝ています。



ぜひ、好みの香りで「おやすみアロマスプレー」を作ってみてください☆







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72228580

この記事へのトラックバック