2012年03月10日

最近の

私の流行り。

モンモリロナイト

何度も言いたくなるような、かわいい名前。

IMG_4398.JPG

これ、粘土なのです。

クレイといえば、ご存じの方も多いと思います。

クレイの中でとっても粒子が細かいのがモンモリロナイトです。

フランスのモンモリヨンという地域で産出されたのが名前の由来。


このモンモリロナイトがどうも最近恋しくて、恋しくて。


もとは、粘土の岩なのですが、精製されて0.1〜1ミクロンになってサラサラです。

IMG_4388.JPG

これをどうするのかというと

精製水とローズウォーターで溶かします。

少しずつ水分を加えて2,3時間すると

IMG_4395.JPG

こんなに膨らむんです。10倍くらい。

ツヤツヤのプルンプルンのゼリーみたい。

こういうふうに吸水性が高いのもモンモリロの特徴です。


こうなったのを、洗顔後の顔に塗ってパックをするんです。


なぜかというと

粒子がとっても小さいので、毛穴の奥の奥に入って、汚れを取ってくれます。

肌を傷めず古い角質も取ってくれます。

さらに、お肌にミネラルを補給してくれるし

プラスイオン(活性酸素など)をマイナスイオンに変えてくれるし

高い保湿力で潤いを与えてくれるし

薄い皮膜を作り、乾燥を防いでくれる

って!すごいです。


こんなに優れたものをほっとくわけにはいきません。


このパック、洗い流すときもツルンツルンでとっても気持ちがいいんです。


気持ちがいい〜って言いながら洗顔したいけど、できないので

心の中で気持ちがいい〜の輪唱が起こります。


そして、その後のお肌の心地よいこと!

汚れは取れてサッパリスッキリなのに、すごく潤っているんです。

心もスッキリ、栄養補給もできて、元気になります。

これ、ほんとです。

元気になるんです。


ということで、この優秀なモンモリロをもっと活用できないかと思い

いろいろやっています。


パック用のこれを

IMG_4395.JPG

歯磨きジェルとして使い

これ、ローズウォーターが入っていていい香り。

以前に使っていたオシャレな歯磨きジェルとそっくりなのでした。

images.jpg

>>>それを使った時の記事

モンモリを20倍ぐらいの水で薄めて洗体。
(洗うというかマッサージ)

モンモリを40倍ぐらいの水で薄めて洗髪。

もちろん、泡立ちませんが、頭皮がきれいに

そして、髪はツヤツヤ。リンスいらず。



私、粘土で顔、体、髪、歯を洗っています。

野生です。

とってもとっても気持ちいいです。


試してみたい方はぜひどうぞ。

一緒に野生的楽しみを。


IMG_4398.JPG

30g ¥525(税込)お手頃価格。


BAIKAのメニューにクレイパックあります。

やっぱり大人気なのです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54383323

この記事へのトラックバック