2011年08月25日

思い込み

庭に長年あるエルダーフラワーというハーブを

ずっとセージだと思っていた

という記事
を以前書きましたが

またもや思い込みが発覚しました。


サロンの前にちょっとした花壇があるのですが

そこに去年植えたハーブがこの春夏にぐんぐん育って

花壇をはみ出してワッサワサになってきました。

IMG_3612.JPG


カモミールだと思っていたこのハーブ

咲いた花が予想と全く違うのです。

それでも、カワイイから花瓶に入れて飾ろ♪

と、それ以上深く考えず日々を過ごしていました。


ある日、他のハーブのことを調べていたら

あれ、もしかして、この花見たことある…

花壇のハーブは、実はヤロウ(西洋ノコギリソウ)でした。


買ったのも、植えたのも自分でしたことなのですが

どういうことだか、いつの間にか違う名前のハーブにすり替わっていました。


違う花が咲いても

一度思い込んだら、そのままです。


年々、こういう思い込みが増えている気がします。

自分の記憶を過信してはいけないなと思いながらも

やっかいなことに年々、頑固になって柔軟性が欠けてきていることも手伝って

自分の中は思い込みだらけかもしれません。


庭にあるハーブの名前の思い込み違いだったら

まだいいかもしれませんが


自分の子供が運動会でがんばっている姿を

必死で写真に撮って現像したら、よその子だった…とか

スーパーの広告でその日限定の安売りの品があって

「お一人様○個まで」と載っていたので、わざわざ娘を連れて行くと

どうやら日付を間違えて早まって行ってしまったことに気づき

結局とくに欲しくもないものを買って帰った…とか

切ないです。

すべて私の母のことですが

そうならないように、気をつけなければと思います。



さて、ほんとの名前を認識してもらってホッとしたヤロウですが

とても素晴らしいハーブです。


止血・解熱・腱胃・殺菌・利尿・鎮痛・発汗など様々な作用があるそうです。

お茶にして飲むのはもちろん

(実は、私も寒い季節や、風邪ひいた時などに飲んでいました)

葉はサラダにしたり、抽出液はお風呂に入れたり、掃除に使ったり

たくさん活用方法があります。


さらに、根から出ている分泌液は、そばに生えている植物の病気を治す力があり

テントウムシなどの益虫を呼び寄せるそうです。


人間にも植物にもありがたいハーブです。

いまの花壇では狭すぎるので

もっと広い場所に植え替えて、悠々と育ててみます。



これからは自分の間違った思い込みを撲滅するために

いつも新鮮な心を持つようにしたいなと思っています。

posted by BAIKA at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47537659

この記事へのトラックバック