2016年03月31日

ローズマリー


先日、お花見をしようと出かけたら

風も冷たく、まだ早かったです…フライングしました。

今日あたり、花がたくさん開いたでしょうか。


庭のユスラは満開です♪

_20160331_220635.JPG

ローズマリーもきれいな青い花を咲かせています。

_20160326_141253.JPG

このハーブは、海辺に生息する習性があって、この花の形がしずくに似ているので

「海のしずく」(ros-marinus)というラテン語が名前の由来になっています。

ローズマリーは、同じ学名の植物であっても

育った環境(土地、気候など)や遺伝的な要因で、精油として採れる成分が異なります(ケモタイプ)。

その成分の違いによって、ローズマリー精油は3つに分類されています。

_20160326_141401.JPG

ローズマリー・カンファー
ローズマリー・ベルべノン
ローズマリー・シネオール

カンファーは、筋肉疲労(肩こり、筋肉痛)などのケアによく使われます。

脳神経を刺激してくれるので、認知症の予防にもいい香りとして注目されたのも、このカンファーです。

*高濃度での使用は注意して下さい。

ベルべノンは、肝臓の不調や月経のトラブルに◎

シネオールは、刺激が穏やかで、呼吸器系や消化器系の不調などにおすすめです。

このように精油成分を参考に、使用方法にあったものを選ぶと

さらにアロマテラピーの楽しさが体験できます。

それぞれ、香りも少し違うので比べてみてください♪


シャキッと元気になりたい時、頭の中をスッキリさせたい時、前向きな気持ちになりたい時など

ローズマリーはそれをサポートしてくれます。

気分がローズマリーじゃないとダメな時

その香りは清々しく心も体も肌もリフレッシュしてくれます☆




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174718869

この記事へのトラックバック