2016年01月18日

タイム


寒い季節も、庭のハーブたちは元気です。

この冬、ラバンジンは伸び伸びと広がってきました。

IMG_20160118_111528.jpg

初夏には、いっぱいの花が咲いてくれそう♪


そして、その庭の隅にあるタイム。

IMG_20160118_111356.jpg

料理や虫刺されクリーム、タンスの防虫、ハーブ酵母の材料など、年中活躍しているタイム(和名:タチジャコウソウ)。

旺盛に育っています。

花が咲くとかわいい♪

IMG_20160118_112125.jpg

タイムは、古代から生活に欠かせないハーブのひとつ。

ギリシャ語で「香りを燻らす(thymon)」という意味から、タイム(thyme)の名前は付けられています。

シェークスピアの時代には、男性に対して「タイムの香りがする」と言うと、最高のほめ言葉になったそうです!

ギリシャ人はお風呂の後に、タイム油でマッサージしたり

古代ローマの兵士は、タイムのお風呂に入って勇気と体力を育んでいました。

強い消毒、保存特性、香りの良さで

古くはエジプトのミイラ作りから、今ではブーケガルニの欠かせない材料として料理にも用いられています。

あげればキリがないほど活躍している興味深いハーブ。


そのタイムから採れる精油。

IMG_20160118_135525.jpg

あま〜い香りの中に、スキッとしたハーブの香りも感じられて

大昔から人々に愛されてきたのが納得できる、とてもいい香り♪


抗菌、抗真菌、抗ウィルス、強壮、防虫が期待できる成分を含んでいます。

免疫系機能を高め、とくに、風邪をひいたときの呼吸器の辛さを軽減してくれます。


そして、タイム精油は、血液循環を改善して、体を温める力があります。

腰痛など身体の痛み、低血圧の方にもおすすめです☆


さらに、疲れた気分を元気づけて、頭をクリアにしてくれるので、芳香浴にも◎

この時期、とても役立つ精油のひとつです。

IMG_20160118_135525.jpg

フロリハナ タイム・リナロール オーガニック
5g ¥2,048(税込)

*タイム精油には、ケモタイプ(同じ学名でも、育つ土地や気候によって成分が異なる)があります。
 香りや成分が異なりますので、購入の際には注意してください。
(タイムリナロールは、作用が穏やかな精油です)
*妊娠中の方は、ご使用をお控えください。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172230773

この記事へのトラックバック