2022年09月11日

フレグランス


タイミングよく行くことができた
『FUEGUIA』
 
 DSC_4089.JPG

アルゼンチン・ブエノスアイレスで生まれた

植物由来の香料にこだわり抜いたフレグランスブランド

『FUEGUIA』

 DSC_4091.JPG

たくさんの香りがあって、それぞれの独創的な背景もおもしろい。

このブランドを調べて気になった

日本のヒノキ、ヒバ、スギなどを使った 【Asagiri】 という香り。

「冬の日の出、朝霧と富士山の霞みがかる風景」をイメージして作られています。

が、廃盤になっているとのこと。

店員さん曰く

【Asagiri】は

「生乾きの布」のような香りがしますよ、と。

え!

と、言ってしまいますよね。

でも、霧で湿った空気感に森の香り。

なんとなくわかるような(笑)



「ドライな香り」があればいいなーと思って探していると

おすすめしてくれた

【pampa seca】 という香りがとても印象に残ったけれど

これも在庫がありませんでした…

「人気があるんですね」と聞いてみたところ

「いえ、人気の香りは、たくさんご用意しておりますので。」と。

笑。

それならば、(皆がどんな香りが好きなんだろう)

「一番人気は、どれですか?」

「お客さん、一周回っちゃってるんで、絶対好きじゃないと思います。ドライな香りないですか?って聞いてくる方いないですからー笑」と。

そう言われると、当然気になるので、試させてもらうと…

「はい。違います笑。」

いい香りなんだけど、選ばない香り。

考えてみると

いつもお客様へのトリートメントで

癒しの香りを存分に吸い込んで、満たされているので

自分への香りは、じゃない香り、を求めてるんだな、と。


それにしても、ドキッとするような正直者の店員さん。

あー、おもしろかった!!


posted by BAIKA at 17:17| 日記