2020年07月12日

アロマで想いを届けよう


とてもとても素晴らしい企画

「アロマで想いを届けよう」

ogp.jpg


私がいまオンラインで受講している講座の先生が監修されています。

この話はまたいつか詳しく。


大切な誰かを想い、色や星座を選ぶだけで

メッセージカードと調香された香りを全国どこでも届けることができます。

どなたでも無料でご参加頂けます。(お一人1回のみです)


今、会いたい人になかなか会いに行けない状況ですが

この企画によって、またいつもと違う交流ができると思います♪


想いと香りがたくさん行き交いますように。。。

私も早速、日頃の感謝と共に大切なあの人へ香りを届けて頂きました。

数をたくさんたくさんご用意頂いているようなので

ぜひ、皆様もご参加ください。

_20200712_171621.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大切な人へ香りを贈る「#アロマで想いを届けよう」キャンペーンを開催中!

キャンペーン特設サイトでは、大切な人を思い浮かべ質問に答えると、
その方をイメージした香り付きのメッセージカードを無料で相手に届けることができます。

ぜひこの機会に、なかなか会えないあの人や、感謝を伝えたいあの人へ贈ってみては!

■応募期間:7月8日(水)〜9月7日(月)

▽特設サイトはこちら 
http://www.aromakankyo.or.jp/message



2020年07月09日

いろいろと


日本各地で大雨が続いています。

夜中にすごい雨風の音が聞こえていると、本当に怖いです。

自然は、時にとてつもない脅威になります。

それでも、私達には助け合い、知恵を出し合い、未来をみて、乗り越える力を持っていると思います。

まだまだ気が抜けない時間が続きそうですが

どうぞお気をつけてお過ごしください。



さて、サロンについてです。

現在、サロン敷地内(隣の建屋)で大きな工事が行われています。

工事の騒音、粉塵、工事車両の出入りなどで、通常営業が困難な状況です。

どうぞご予約や商品購入、お問い合わせなど

お電話、メール、インスタグラムのDMなどでお気軽にご連絡くださいませ。

よろしくお願いいたします。


さて、工事が始まる前に、大掛かりな片付けも行われ

祖父が営んでいた和菓子屋「梅花堂」の道具やレシピが出てきたリ

  _20200701_135039.JPG

祖母の助産院の看板が出てきたリ

  _20200701_142012.JPG

大好きだった二人の歴史を感じられ、胸が熱く、そしてありがたい気持ちになりました。


先日、誕生日を迎え、もう若くないな〜と思うと同時に

まだまだ前へ前へ進んでいきたいという思いを改めて感じました。

2020年、いろいろとありますが、芯を持って、いい変化は受け入れ

穏やかに、にこやかに、充実の未来になりますように。


そして、応援をお願いしておりましたクラウドファンディング

  1590673346889.jpg

目標達成しました!

皆様の応援、ご支援に感謝いたします。


ご支援頂きました方々へは、返礼品としまして、BAIKAの商品もお手元に届きます。

そして、またイベントでもお会いできることを楽しみに♪

ありがとうございます!








posted by BAIKA at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | サロン

2020年07月01日

和バラ


今日は、半夏生。

今年も一年の半分が過ぎました。

なんだか落ち着かない半年でしたが、思えば濃い内容でした。

今年もあと半年、まだまだ変化が続きそうです。

柔軟に、そして多様性を受け入れる自分でありたいなと思います。



いろいろと変化の時期で

何かと知らず知らずのうちにストレスにさらされている身と心。

次の季節のコースは、ローズを贅沢に使いたいなとしばらく考え

手元に届いたのが

ローズファームケイジの wabara シリーズ。

  _20200701_135526.JPG

バラの生体水


一緒に届いたのは、佇まいが控えめだけど凛とアンティークカラーが美しく

そして、やさしく印象的な香りの「和バラ」。

  _20200701_135308.JPG

いつも目に留まる食卓に飾っています。

子どもたちがいる時間に、少し端の方に寄せていると

長男が、「そのお花、真ん中に置いて。きれいよね〜。」とお気に召した様子。

2歳の次男は、バラを見ながら「はな〜」と。

すると、ばぁばが顔の真ん中を指さして「これはなに?」と聞くと

「なは〜」と答え

次にバラを指さして「じゃぁ、これは?」

と尋ねると「おはな〜」と答えました。

2歳にして「花」を「お花」と。


先日AEAJで公開された香育のオンライン授業で

人は、「におい」と表現する時と「かおり」と表現するのにはどういう違いがあるのか

という問いを、小学校教諭の方がされていたのを思い出しました。

日常の中では、とりわけて特別なことではないけれど

五感を使って心で感じる「何か」を大切にしたいです。


そして、こういう幸せな時間を

ふともたらしてくれる植物の存在。


ローズファームケイジさんが望む

『一本の花で、人生が変わるかもしれない』

花を飾ると、なぜだかほっとする

 その和んだ気持ちが少しのゆとりになって

 身の回りや言葉を整える

 身の回りや言葉が整えば

 自然と会話に笑顔が生まれる

 笑顔が生まれる空間は、とっても幸せ

 日々の暮らしに「ときめき」があれば、毎日がきらめく。

 心ときめく、ばらを生み出そう"


そういう想いで育てられたバラがあって、それに出会えたことがとてもありがたいです。


季節のコース、限定数になりそうですが準備させて頂きます。

お待ちくださいませ♪